Archive for the ‘サービス’ Category

結婚式の祝電やお祝い電報の種類と贈り方

火曜日, 4月 8th, 2014

結婚式の祝電やお祝いの電報を送る時は、タイミングが大切です。結婚式に参加できない場合に祝電を打つ時は、会場に届くようにしましょう。事前に結婚式の会場名や住所を確認して、電報の受取人の名前を指定します。新郎新婦の名前にするのが一般的ですが、新婦の名前は旧姓にするのがマナーです。

電報の文面を決めて早目に予約しておいた方が安心です。インターネットから申し込める電報は、目的や用途に合わせた文例集があるので利用しましょう。

電報の文字数が多くなれば、基本料金よりも高くなります。ぬいぐるみ、生花、プリザーブドフラワー、フォトスタンドなどを電報カードと一緒に届けるサービスもあります。最近は、プカプカ浮くバルーン電報も人気があります。

通常の基本的な電報は、お好みで台紙を選ぶことができます。結婚式の祝電やお祝い電報には、押し花電報、メロディ電報、刺繍電報、本革製電報、うるし電報などがあります。押し花電報は、台紙に押し花がアレンジされています。季節感のある電報がお好きな方におすすめです。

メロディ電報はカードを開いたりボタンを押せば音楽が流れます。刺繍電報は個性的な絵柄の刺繍を施しているのでゴージャスなイメージになります。本革電報は本革製のブックカバーが付いています。漆電報は日本の伝統的な加工をした和風電報になります。

電報業者は沢山ある!文例やマナーも簡単に見つかります

水曜日, 3月 26th, 2014

結婚式やお葬式へ参加できない時に便利なサービス、それが電報です。どちらかと言えば法人向けサービスとなりますが、最近では「ぬいぐるみ」「ブリザードフラワー」を一緒に贈ることもできますので、個人の方からの需要も増しています。

参入自由化により取り扱い業者の数も多く、依頼先を決める作業には困らないはずです。また早い時間帯での発注であれば、当日配送に対応してくれる業者も多々ありますので、急なお葬式の報告を受けても問題はないと言えるでしょう。ただし宛名など、一部オプションには追加料金がかかりますので料金の高低から依頼先を見つけることも大切です。

もちろん利用頻度が低いのであれば、1年間に1・2回程度しか依頼することもないでしょうから、あまり値段にこだわる必要もないでしょう。そして多くの方が悩んでしまう「文例」「マナー」についても、業者の公式ホームページ上に掲載されていることが多いです。初めて電報を贈る時でも、文例を読みながらスムースに言葉遣いを決められるはずです。

お悔やみの電報に関しては、結婚式や小さなお子さんへの入卒祝い以上に気を付けてメッセージを決める必要があります。祝い事なら何かしらのミスがあっても笑って済ませることもできますが、人の死については不謹慎だと注意されるケースも多いですからね。