電報業者は沢山ある!文例やマナーも簡単に見つかります

3月 26th, 2014

結婚式やお葬式へ参加できない時に便利なサービス、それが電報です。どちらかと言えば法人向けサービスとなりますが、最近では「ぬいぐるみ」「ブリザードフラワー」を一緒に贈ることもできますので、個人の方からの需要も増しています。

参入自由化により取り扱い業者の数も多く、依頼先を決める作業には困らないはずです。また早い時間帯での発注であれば、当日配送に対応してくれる業者も多々ありますので、急なお葬式の報告を受けても問題はないと言えるでしょう。ただし宛名など、一部オプションには追加料金がかかりますので料金の高低から依頼先を見つけることも大切です。

もちろん利用頻度が低いのであれば、1年間に1・2回程度しか依頼することもないでしょうから、あまり値段にこだわる必要もないでしょう。そして多くの方が悩んでしまう「文例」「マナー」についても、業者の公式ホームページ上に掲載されていることが多いです。初めて電報を贈る時でも、文例を読みながらスムースに言葉遣いを決められるはずです。

お悔やみの電報に関しては、結婚式や小さなお子さんへの入卒祝い以上に気を付けてメッセージを決める必要があります。祝い事なら何かしらのミスがあっても笑って済ませることもできますが、人の死については不謹慎だと注意されるケースも多いですからね。

Leave a Reply